Utility log

concave and monotonically increasingなブログです。買い物や欲しいものを記録します

無題のメモ

人間の本性を理性と感情の二つに分けたのはデカルトだった。

ひとまず、これを受け入れよう。ひとまずといっても、今の僕にはこれ以上踏み入って二元論に代わるアイデアを思いつくことは出来ないように思えるし、このエントリを通じてこの前提を替えることはない。

 

なんの話がしたいかというと、人間、殊に僕が幸せになるための方法論についての話だ。

唐突だが僕のアイデアはこうだ。

 

理性と感情は、人の意思決定を支配する二つの元である。これはデカルトに従う。そして、意思決定とはすなわち選択だ。日々の膨大な意思決定の積み重ねは、一つ一つの選択の積み重ねであり、それはただちに人生だ。

僕たちは自らの人生を豊かにしたい。生まれてしばらくしたある刻から死のその刻まで、絶え間なく為しつづける選択の積み重ねの上に、できるだけ大きな幸せを享受したいと願う。

 

では、どのようにすれば良いのか。僕は、豊かな選択をすれば良いのだと思う。豊かな選択をするためにはどうすれば良いのか。ここで、本性の二元である理性と感情に立ち戻る。

理性と感情とは意思決定にとってどのような役割を果たすのだろうか。僕は、それらは本質的で個人的な機構だと思う。

理性と感情ばかりは個人が持つ何者にも侵されないサンクチュアリであり、外界の影響こそ受けるだろうけれども、結局は影響を受け入れるか否かすら選択であり、その意味で理性と感情は本質的で個人的なのだ。

では機構とはどういうことか。それはつまり、なんらかの入力を我々が意思として出力する、選択するに至るまでの構造である。それは一見ブラックボックスのようで、長年自己と付き合ってきた老人にも、全てを理解し尽くすことはもしかしたら困難なのかもしれない。しかしいずれにせよそれは、何かを入力したとき意思を出力するという機構なのだと思う。

ブラックボックスの中身をよく把握しておくことは、良い選択のためには言わずもがな大事なことだ。では、ここからが僕が言いたいことなのだが、その他に僕たちが、より豊かな選択のために取れる手段はあるのだろうか。

 

僕は、知識と感覚を豊かにすることこそ、我々が(容易に)取りうる手段なのではないかと思う。知識は理性という機構に対するプラグインあるいはグレードアップパーツのようなもので、理性の機構に影響を与えたり、機構の働きを滑らかにしたり、出力できるモノ(=選択)のバリエーションを増やしたりするものだ。同じように感覚は、感情という機構が出力できるモノを豊かにしたり、機構の制御を自在にしたりする。

そして時に、新たな感覚が理性を鋭くしたり、新たな知識が感情を増幅したりと、二つの元にインターセクショナルな形で影響することもあるだろう。

 

このように知識と感覚は選択を支配する機構に働きかけて、より豊かな選択を我々にもたらしてくれるのではなかろうか。

なぜこのようなことを改めて考えるかというと、現在的・現実的な世界では、金にまつわる選択が(もちろん理性と感情を通じて)我々の選択に小さくない影響を与えているように感じられるからだ。

金を得ることを優先する選択、金を使わない選択を非難するのではない。しかし、金とはなにか?

金とは、(少なくとも市場経済においては)人々が他のモノやコトに与えた価値を相対化するものだ。金は価値を測るものであり、価値と交換するためのものだ。

ではなぜ金が必要なのか?忘れてはいけない、金が必要なのは社会が要求するからだ。金がただちに僕たちに幸せを与えるからではない。

もちろん、金がないと得られないモノもあるし、コト、経験もある。そうしたモノやコトから知識と感覚を得ることができるということも忘れてはいけない。しかし、いつも我々は天秤にかけなくてはならない、金=社会が要求する相対価値と、選択を豊かにする知識や感覚とを。結局のところ、自らを幸せにするのは、選択の上に手に入れることのできる、個人的で主観的な絶対価値なのである。

 

この天秤は時と場合に応じてどちらにも傾くだろうけれども、天秤にかけることを怠れば、我々は自らが幸せになるための針路を見失うことになるのではないだろうか。

 

 

結語に代えて、私事ではあるけれど僕の選択について振り替えらせてほしい。

僕は最近、職を選択した。自慢のようで恐縮だが、金を稼げる職も選べる立場にいたと思う。しかし、僕が選択したのは、仕事を通じて(世界についての)より多くの知識を得ることのできる職であり、同時に少なくはない余暇が享受できる職である。

当然余暇では金は稼がないから、知識や感覚の得られる活動をしたり、休息を取ったりすることができるだろう。良い選択ができたと思っている。

(ちなみに経済学では家計の労働供給をモデル化する時、余暇効用というものを考える。効用とは幸せのことだ。僕が上で述べたようなことがその前提にあるとは思っていないけれども、ただ、経済学でも幸せについて多くの先人たちが正面きって考えてきたことを踏まえると、よく考えられているなあと感心を禁じ得ない。)

WEARISTAげんじさんについて

こんばんは。

いきなりなんだというタイトルですが、私にはWEARというサービスを使う中で、良くも悪くも気になる人物がいます。

げんじさんというWEARISTAで、ユーチューバーもされています。

ある層にはたいそう人気のある方で、当たり障りのないコーディネートで自撮りをキメて、それを解説しては小銭をお稼ぎになっています。

 

そろそろ毒が出て参りましたので白状しますと、私はこのげんじさんが、なんと言いますか、まあ端的に言って嫌いなんですね。

どこが嫌いかと言うと、まず服装ですね。そもそも彼のコンテンツである服装が嫌いです。

次に顔ですね。まあこれは好き嫌いをする方が悪いというものです。これ以上ぐちぐち言うほど私も愚かではありません。

それから髪型です。世間を見渡せば珍しくもなんともないですが、いわゆる量産型大学生というやつです。

あとは写り方です。さして凝ってもいないのに一眼レフを構える自分を撮る、むしろこれぞ「ファッション」だと言わんばかりで、一周して納得してしまいます。

 

とまあこのようにげんじさんを構成する(インターネッツに表出している)だいたい全ての要素が嫌いなんです。

そんな彼が、この度なんとご自分のブランドを立ち上げられたということで、このエントリを書こうと思った次第です。

というのも、私は非常に感心したのです。服を着るのは誰にだってできますが、作るというのは(服に限りませんが)大変なことです。自分でリスクを背負ってビジネスを立ち上げたことに、素晴らしいなと思ったのです。買ってないので品質は知りませんが、商品も手頃な価格で、どこでサプライチェーンを確保したのか、と驚きすら覚えました。

 

ここまで美談です。

 

ですがこのブランドが、商品を見てみるとまあどこかで見たような服ばかりなんですね。たとえば、ストゥディ〇スとかウィ〇ーとか。

それ自体を批判する気も資格も私にはないのですが、もう少し何とかならんのかと言いたい。

どこかで見た服に、あまりにも似すぎてるんです。アパレル業界というのは、なぜか分からないのですがあからさまなパクりが横行しています。有名ブランドであればいざ知らず、少し下流へ下れば、酷いパクりというのは珍しくありません。そして、それが訴訟を受けたような話を聞かないのです。

げんじさんのブランドも、ひどい二番煎じです。確かにマス層のブランドというのはどこも似たような商品を出すものですが、さすがにワンシーズンもツーシーズンも遅れて丸パクリの商品で金を稼ぐのはいかがなものかと思います。


f:id:kossuth54:20170905051055j:image

↑ラフデザインの段階からパクりで炎上しています。

f:id:kossuth54:20170905051507j:imagef:id:kossuth54:20170905051641j:image

↑コンセプト?が、ストゥディ〇スの系列某ブランドに類似。他にもツッコミ所がありますが(「枠に囚われないスタイル」て)

 

もちろん、市井のマスブランドにも同様の疑問を呈したい。しかし彼らにはあくまでブランドコンセプトがあり、それに基づいてある程度のオリジナリティを出しているように見受けられます。

私が言いたいのは、げんじさんも、丸パクりではなくてブランドコンセプトぐらいは持って商品を作ってほしいということなのです。

 

本題です。

 

上段の話に戻りますが、私はげんじさんの服装が嫌いです。それもそのはず、彼は万人受けする服を狙っているのに対して、私はいかに万人受けのつまらない服を避けるか、そのことをベースに自分の趣味嗜好を築いてきたからです。

つまるところ、好みの問題なのです。好みの問題なのですが、何度でも言いたい。

げんじさんダセェ!!

(ダサいというのは実は語弊があります。げんじさんが垢抜けていないかと言えば、そんなことはありません。これはげんじさんの服装を嫌悪する、私の直感の表現です。)

それはもうげんなりするんです。没個性のつまらん服に、安いとはいえホイホイ金を費やすのが楽しいんでしょうか。今の技術ならAIが自動的に服を選んでもげんじさんができますよ。

彼だけならいいんです。同じくらいダッサい大学生(私と同年代ですが)がゴマンといます。でも彼は、そのつまらん服装を、広めることを選んでしまった。彼に影響された若いフォロワーたちが、彼と同じように没個性化していきます。彼らがダサい服を求めれば、今のアパレル業界は求めに応えてダサい服を売ります。

 

あえて問いたい。服を買ったり着たりすることって、そんなに貧しい趣味ですか?

色んなものを見たり触ったりして、違いを感じて、それらを組み合わせて、時には自ら手を加えて、個性を表現できるのがファッションではないですか?愛着も驚きも、所有欲も快適さも、ファッションではないですか?

なお個性というのは何も奇抜なものを言うのではありません。それは自分らしさであり、そのまま英訳すればアイデンティティです。それを獲得する過程すら楽しめるのがファッションというものだと、私は思います。

 

私はもう、日本の文化とファッション業界が、ジワジワと入水自殺をしていくのを見るに耐えません。

そこで考えたのです。げんじさんが自分のファッションを解説するなら、私もそうしようではないかと。私の服装を解説するのではありません。元よりマス受けしない服装です。

げんじさんがいかにダサいかを解説します。

ご期待下さい。

腕時計:CASIO / 1900円


f:id:kossuth54:20170812071038j:image

 

いわゆるチープカシオ。

僕は時計には強いこだわりがない。普段はスイスミリタリーのステンレスベルトのタイプを使っていて、カジュアルもビジネスも対応していた。

 

こだわりこそ無いが、ステンレスの腕時計というのはどれもそこそこの重量があって、頻繁に時間を確認するでもないのにその重さを身につけることには以前から疑問があった。

かといって腕時計をしないのはなんか落ち着かない。

そこで、軽くてアクセサリー感覚でつけられる(とはいえアクセサリーとして使うならアクセサリーを買うので、アクセサリー志向の時計は買わない。偏屈)腕時計を買おうと思った。

 

このチープカシオというのは1970年代から出ているレトロなデジタル時計のシリーズで(アナログのチープカシオもある)、これはその代表的なモデルである。前から知ってはいたのだが、先日SNSでとある人がつけているのを見て、「お洒落やん」と思い購入を決めた。

色違いを含め様々なモデルが出ているので迷ったのだが、結局、一番ベーシックなモデルに落ち着いた。

 

腕にレトロな空気を纏うというと洒落がききすぎているが、なんともちょうどいい存在感で、服を邪魔するでもなく腕に収まってくれる。

指輪などのアクセサリーとも相性が良さそうだ。

 

この他に検討していたモデルとしては、これとか

 

 これとか。

 

 どれもレトロで安価で、つい集めたくなる時計だ。

7月度買い物総括

7月度の統計はこんな感じ

 

購入点数. 3点

購入総額. 17100円

CP指標. 7.6

 

自分、思ったより高めのスコアをつけがちらしい。

まあ満足はしているので間違いではないが、満足度というものもだんだん落ちていくものなので、短期的にしか評価できていない点は仕方ないとはいえ不足があるだろう。

 

ところで7月といえばフジロック・フェスティバルなのだが、今年はAphex Twinがヘッドライナーで非常によかった。が、やはりコストが厳しいので参加できず。

 

安物買いで一喜一憂しているうちは4万5千円のフェスなんて行けない…。

リング:Maison Margiela / 6800円


f:id:kossuth54:20170805162013j:image

マルジェラのリング。

このリング、本当は4連リングといって、4つのリングを4本の指にそれぞれつけることを想定して作られている。これも毎年色や加工を変えて出されていて、定番といっていいモデルだ。

4つセットで5万円かそこらだったと思うのだが、4つも要らないよという人がよくメルカリなどに単品で出品していたりする。

 

僕も出来ることであれば4連で付けたいのだが、無駄に指が細いせいで親指と中指以外は大きすぎて付けられないので、今回は単品で購入することにした。

上でも述べたように毎年様々なデザインで出てくるのだが、今回買ったのは真鍮のゴールドベースにサビ加工を施したタイプで、店頭で見たときからとても気に入っていた。

いかにもマルジェラらしい退廃的な魅力を湛えていると思うのだがいかがだろうか。

 

さらに、単品でも人気のものは1万円あたりが相場のところ、今回は6800円ほどで落札することができた。いい買い物だ。

 

ただ、親指につけてみたところ、見た目は思った通りだったのだが思っていた以上にジャマになる。指が短いのだろうか…。

 

ちなみに、具体的なサイズが気になる人のためにコメントしておくと、最小で16.5号〜17号ぐらいまで対応できるようだ。なお、4連リングそれぞれのサイズが同じか分からないしあくまで一つの参考ということで。

 

満足度:6

フロントライト:Knog / 3300円

f:id:kossuth54:20170729010609j:plain


チャリのフロントライトを購入.
Knogというベンチャー的なメーカーなのだが,主力商品であるBlinderシリーズは機能性に優れる上にデザインがコンパクトで,自転車の見栄えが良くなるライトである.
今までもKnogのライトを使っていたのだが,忌々しいことにこの間パクられてしまったのであった.
この前まで使っていたのは写真のものより一回り小さく光も弱いモデルだったのだが,せっかく誰かが気を利かせて盗ってくれたのだからアップグレードさせていただこうじゃないですかということで新型にした.

この新型モデル・Blinder Mobの最大の特徴は,照射角の異なる4つのバリエーションがある点だ.
旧型では照射角も照射距離も心もとなく,デザインはいい半面その点が不満だったのだが,今回は照射角やや広めのモデルを選び,不満は解消.
照射距離も,明るさが15→80ルーメンにパワーアップしたことで大きく改善.お陰様で安全性が向上した.

安全性といえばベルも壊れていたのでついでに注文した.
ちなみにそっちはKnog Oiというハンドルバーに馴染むC型のベル,のコピー商品である.
届いてみないと鳴りはわからないが,まあ音が出れば清濁も何もあるまい.その点で言うならラッパでも構わない.

これで夜間の走行も安心,ちんたら歩くオバ様方にも気を遣わずに済むというわけである.
めでたし,めでたし(怒)

満足度:9

スニーカー:Maison Margiela / 10800円


f:id:kossuth54:20170723230556j:image

 

マルジェラのジャーマントレーナーを購入。

やや使用感があるがとても安い。

 

マルジェラでは毎シーズンこのジャーマントレーナーを出していて、その度に配色が変わる。また、今回購入したローカットのタイプ以外にもハイカットタイプや紐なしのスリップオンタイプが出ている。

一番有名なのはペンキ加工を施したものだろう。つま先にペンキを飛ばしたジャーマントレーナーは、エイズTやハの字ライダースと並んで、もしくはその次に、マルジェラの代表作と言えるだろう。

 

マルジェラことMaison Margiela(この前までMaison Martin Margiela)は、ヴィンテージのリメイクなどの手法を用いたアーティザナルコレクションで一世を風靡した、著名人にもファンの多いブランドである。アーティザナルコレクション以外でも、ヴィンテージに軸足を置きつつ斬新なデザインを次々発表し、独特の存在感を放ち続けている。

 

服好きでない人にとっては古着屋に売ってそうで終わりなのだろうが、直線的なシルエットや大胆なプリントなど、このブランドでなければ出せないクセが確かにあって、分かる人には一目で分かるのではないだろうか。

 

このジャーマントレーナーは上述のように毎シーズン出している定番モデルなのだが、マルジェラの服の中ではクセのない、使いやすいモデルである。

それでも、玄人好みのヴィンテージ感や洗練されすぎていない少しふくよかなラスト、贅沢な革質にマルジェラらしさが見て取れる。

特に細すぎないシルエットは、このシリーズが"REPLICA"と位置づけられている所以だろう。

 

そもそもジャーマントレーナーというのは、ドイツ軍制式採用のトレーニングシューズを指している。トレーニングシューズといえば、チェコ軍のトレーニングシューズを元にしたスパルウォートなどは最近セレクトショップによく並んでいる。

 

僕はこのマルジェラのジャーマントレーナーが気に入っていて、実はこれで4足目になる。

今回買ったものを含めローカットを3足、ハイカットを1足持っているが、ローカットのうち1足はアッパーがキャンバスとヌバックでできていて、クラフト感というのか、ボキャ貧で恐縮なのだがやはり存在感のある逸品である。

 

スニーカーなら他にもハイテクスニーカーやエア・ジョーダンのようなヴィンテージスニーカー、コンバースのようなコンサバなローテクスニーカーもある。

山ほどの選択肢の中からジャーマントレーナーばかり買うのは、「ちょうどいい」からだ。

何がちょうどいいかと言うと、土臭いコーディネートならよく馴染み、綺麗めな格好なら大人っぽさを残したままカジュアルダウンができて、シンプルなコーディネートには渋みを出すアクセントになるからだ。さすがにスポーティなコーディネートならハイテクスニーカーを履くけれど、幅広いコーディネートで適度な「味つけ」をしてくれる。

もちろん色や素材によっても印象は変わるから、つい何足も買ってしまう。

そういう便利な定番というのは人によっても異なるだろうが、僕の場合はマルジェラのジャーマントレーナーがそれなのだ。

 

満足度:7