Utility log

concave and monotonically increasingなブログです。買い物や欲しいものを記録します

イヤホン:DUNU-TOPSOUND / 15000円

イヤホンを買った。

DUNU-TOPSOUNDのDN-2000。


f:id:kossuth54:20170701182806j:image

 

定価は3万ほどだが、中古でいいものがあったので15000円で購入(!)。イヤホンの中古としてはかなり割安感がある。

前まで使っていたAKGのN20もよかったのだが、今はどこへやら、行方不明になってしまった。

 

僕は音楽は電子音楽をメインに聴くのだが、クラシックも聴くしロックも聴くから、イヤホン選びでは毎回チューニングのバランスが取れたものを選ぶようにしている。

その上で重視しているのが音のキメが細かいこととすっきりしていることで、オーディオ界隈の言い方を借りれば音場が広くて解像度が高いものということになる。

しかし極端に解像度を上げようとすればあまりに味気ない音になってしまう(いわゆるモニター系)。

イヤホンの筐体にはドライバというのが入っているのだが、この手の音が得意なドライバがBA(バランスド・アーマチュア)型といって元々補聴器に使われている技術を応用したものである。

そこで僕は、解像度は欲しいのだがBA型を避け、ドライバとしては標準的タイプであるダイナミック型のN20を買ったのだった。(BAが全てモニターっぽいというわけではない)

 

何の話だったのかわからなくなってきたが、つまり、前まで使っていたN20は、ダイナミック型でありながら広い音場と解像度の高いサウンドを志向した、誤解を恐れずに悪く言ってしまえば特徴のないイヤホンだったのである。

 

今回買ったDN-2000はどうだろうか?また技術的な話になるが、まずもって触れておかねばならないのは、こいつはダイナミック型ドライバとBA型ドライバを両方搭載したハイブリッド型だということだ。

そのため、解像度を高めつつも音の表現力というのか、臨場感といったところは損なわれない。そんなうまい話があるかと言いたいところだが、チューニングはさぞ大変なのだろう。

オーディオに詳しいわけではないので細かいレビューをするつもりはないが、実際に聴いてみると、弦楽器などの高音域は刺さるようなピーキーな音ではなくむしろ艶があって潤いが感じられる。それから中音域の解像度がヤバい。一つ一つの楽器にちゃんとした距離があって、したがって音場も広い。

1万円クラスから3万円クラスになれば、なるほどかなりの違いが出るものである。即決で購入した。

 

ちなみに付属品も豪華である。


f:id:kossuth54:20170701184639j:image

 

右下のカラフルなリングはイヤホンの軸部分に取り付けるもので、スペーサーとしての役割はもちろん、音質の調節ができるようになっている。

文字通りミリ単位の調整なのだが、厚いものを付ければやや低音寄り、薄いものならやや高音寄りになる。

DN-2000は低音も必要十分な程度に出ているのだが、あまりモニターライクな音も面白くないので僕は厚いリングを取り付けた。

もちろんイヤーチップでも音は変わる。このように色々と好みで音質を調節できるのも、DN-2000の楽しみだろう。

 

それにしても15000円でこの音、凄まじいコスパである。某専門店に結構中古在庫があったから、興味のある人は見に行ってみては。

 

満足度:10