Utility log

concave and monotonically increasingなブログです。買い物や欲しいものを記録します

パンツ:MARKAWARE / 5400円


f:id:kossuth54:20170707115242j:image

 

夏なのでハーフパンツを購入。マーカウェアの変形グルカショーツ。

僕は楽な服が好きで基本的に夏はTシャツ1枚で出かけることが多い。そのためパンツはTイチでもそこそこ様になるかというのが一つ重要な要素なのだが、そのこともあってこの頃はあまりハーフパンツを穿かなかった。

というか以前は半パンばかり穿いていたのだが、それは西海岸的なオールドサーフのノリが好きだったからで、ちょっとモードを意識し始めたタイミングでフルレングスのパンツにシフトしてきたのだった。

とはいえフルレングスだとやはり涼しい生地でないと穿くに穿けないから、どうしてもテロッとしたポリエステルのものやサマーウールのスラックスに選択肢が限られてきて、ウェポンチノみたいな武骨な生地のものははばかられるというのが本音である。

 

本音であるとか言っていた時期はアクネストゥディオズみたいなカッチリ系ラグジュアリーモードが好きだったのだが、最近はマルジェラなどヴィンテージを意識したブランドが好きになってきて、そんな好みの変化がミックスされた結果、「今年は長めの丈のなんかヴィンテージっぽい半パンが欲しい」という結論を得た。

 

長めでヴィンテージっぽいといえばやはりグルカショーツなのである。

グルカパンツというのはその名が示すとおり、旧英国領時代のネパール人(グルカ人)兵士が穿いたもので、タックが入っていてベルトが一体となったスタイルのパンツを指す。

兵士のユニフォームであることからカーキ系の色味がオリジナルであり、要はやっぱりミリタリーはかっこいいのである。

 

今回買ったマーカウェアのグルカショーツはベルトが帯のようなデザインになっていて、これにTシャツをインすればどう考えても様になる。

おそらく近年の流行りであるところのボディと共地のベルトがついたタイプのパンツを意識したのだろう。そのへんの詳しい(歴史的あるいはファッション的な)バックグラウンドはよく知らないが、なんにせよ好みだ。

 

こういうデカいベルトがついたパンツはマルニなんかも出していて、お約束のようにライトブルーの開襟シャツがよく合う。

もちろんオリーブ系の色味と合わせてもいいのだが、マーカは割とミリタリー方面に関してはガチ勢なのでかなりこってりしたミリタリーになってしまいそう。

 

ガチミリタリーといえば、フランス外人部隊の人が作った「外人部隊Tシャツ(アーミーグリーン)」がかなりイケてたので部屋着に買おうかな。

 

満足度:9